高齢者福祉施設訪問

高齢者福祉施設訪問

高齢化が進む日本において介護予防は今後の必須課題となっています。超高齢社会を迎え、国の政策のなかにも介護予防がありADL(日常動作)・QOL(生活の質)を高めるための運動など様々な取り組みがされていますが、その運動を最大限に有効にするためには身体の土台である足元を見つめ直しトラブルを改善する必要があると考えています。 ほんの少し気をつけるだけで回避または予防できる足トラブルが多くあります。

高齢者の歩行余命を1日でも延ばし、質の高い生活を送る手助けをしていきたいと考え、定期的に高齢者福祉施設に訪問し、利用者様の足をケアしています。